保育理念・特色

私たちは子どもたちの「やってみたい!」を大切にする保育を目指します。

仙台長町の保育園 時のかけはし保育園 保育理念 特色 子どもたちの「あそびがふくらむ」保育所 子どもたちの「こころがふくらむ」保育所 子どもたちの「育児の輪がふくらむ」保育所

「ハジマル、フクラムプロジェクト」

年齢で分けずに接すると「あそびがふくらむ」

一昔前では近所の公園や空き地で見られた様々な年齢の子どもが一緒に遊んでいる光景も、最近では子どもたちの遊ぶ時間、遊べる場所、遊ぶ仲間など、時間的なゆとりや空間的なゆとりがなくなってきています。当園では年齢別で線引きをすることなく接することができる環境をつくっていきます。

年長・年中さんは遊びを発展させるリーダー
仲間と協力しながら、どんどん遊びを発展させていきます。
状況に応じてルールを決め、小さい子にも役割を割り振りします。
そんな年長さんにあこがれる年少さん
年長さんにくっついて、いろんな刺激をもらいます。
時には追いつけなくて泣き出す子も、応援されながら必死でついていきます。
追いつくと得意顔になって自信満々で遊びます。
その様子を眺める未満児さん
「なんか楽しそうだな」頭の中はぐるぐる回転。いつの間にか上の子の動きをまねっこ!そんな様子に上の子たちも嬉しくなります。

あそびがどんどんふくらみます♪

少人数でじっくり遊べると「こころがふくらむ」

大人数ではなく少人数グループに分け、子どもたちの「やってみたい!」という興味に合わせて保育士がそばについて遊びを支えます。外遊びグループ、室内遊びグループ、造作(お絵かき、粘土など)グループなど、子どもたちがより主体的に遊べるように、やりたいことを子どもたち自身で決めます。

興味を持ったことをとことん遊べると
「楽しかった!と満足できる」
「自分はできる!と自信につながる」
「やってみる!やってみたい!とチャレンジ精神がわく」
それは自信となり、安心感にもつながって
「安心して自分の思いを伝えられるようになる」
「安心して友達との交流ができるようになる」
「安心して相手の気持ちに心を向けられるになる」
「ルールを守り、我慢できるようになる」

こころがどんどんふくらみます♪

みんなで協力すると「育児の笑顔の輪がふくらむ」

子どもたちは家庭だけでなく、保育所でも新しい刺激を受け成長をしていきます。当園でも子どもたちの「やってみたい!」を叶えるような良い刺激をあたえてあげたいと思います。しかし、保育所の活動や行事によっては保育士だけで対応できないこともあります。

そんな時は
地域の方々、子どもたちの支援を行うNPO、ボランティア、学生さんたちにもご協力いただき、保育所の枠を超えてより大きなコミュニティを作り、子ども達を支えます。
たくさんの大人が協力しあうと
それぞれの負担が軽減され、余裕をもってさらによい子育て環境を整えていくことが可能になります。大人たち自身が、子どもたちの「やってみたい!」をかなえる子育ての楽しみを感じることができます。そんな大人たちの様子を見て子どもたちも笑顔になり、すくすくと成長していきます。

育児の笑顔の輪がどんどんふくらみます♪

安心・安全ポイントはこちら 入園の申込み・お問い合わせ
ページトップ